『ESCAPE FROM RAIN』- Leo Takayama

11.21 18:10

梅雨が意外に晴れた。夏が予想外に雨続き。そんな天候不順な日本上空3000mからこんにちは!だった6月。フィルムメーカーのKotoたちはゴーウエスト、L.Aのストリートへと旅立っていった。ミッションはひたすらスケート。バッテリー切れてもストック、ストック。つきぬけた彼らの1ヶ月をパートごとにアップしてきます!第一弾はLeo Takayamaなストーリー!

a Kenya Koto film 『Escape From Rain』
starring: Leo Takayama, Issei Morinaka
co-starring: Daisuke Ikeda, Ryo Motohashi, Yuto Kojima, Ryuta Hironaga, Collin Slewdacris, Eric Iwakura, Kai Kishi

interview with Leo Takayama
・昨年、TWSJで特集された『Young Love』も記憶に新しいですが、今回でアメリカに行くのは何回目ですか?
この前のトリップでアメリカは4回目、LAは3回目になりますね。

・昨年以外にもアメリカに行ったことはありますか?
初めてアメリカに行ったのが高校2年の夏休みの時で、スケートを教えてくれた親父と2人でSFへ行きました。LAに行きたかったんですけど、SFの方が街がタイトやから良いのかな~って思って…。ダウンヒルは全然出来なかったっすね(笑)。 あとステイしてたところが鬼ゲトーで初めてのアメリカに衝撃を受けましたね(笑)。デニス・ブセニッツをパークで見たり、サードアンドアーミーでピーター・ラモンデッタ、ブライアン・アンダーソン、ジェイソン・ディルを見かけたりしてブチ上がりました。あと幸太(池田)君の紹介で松尾(裕幸)君の撮影を見に行けたり、ポトレロパークでDLX主催のローカルのコンテストに参加したりもしましたね。初アメリカから色々鬼濃い経験出来ました。『Young Love』の時もSFに行ったけど、その時のフレッシュな気持ちを思い出してめちゃ甘酸っぱかったっす(笑)。

LAは『Young Love』の前の年に一人で1ヶ月半くらい行ったのが初めてで、純粋にLAのスケートシーンを体感したくて行きました。1週間だけホテルを予約して後はノリで行ったんですけど、その時留学してた真也(増田)君を介して色々な人を紹介してもらい、フォトグラファーの竜太(廣永)君が拾ってくれて一ヶ月リビングで泊まらせてくれてました。マジで感謝です。毎日一緒に撮影行ったり、グランドキャニオンやラスベガスにロードトリップ行ったのも良い想い出です!当時DVSだったデーウォン・ソンやポール・シェアーと出会えたのにも感動しましたね。とにかく毎日プロに会いまくったし、有名スポットも間近で見れて感動しました。特にCrailtapに初めて行ってリック・ハワードに会った時は泣きそうになりましたね。パークでもローカルのレベルの高さにもぶっ飛ばされました(笑)。この時動いた写真がTransworld JapanやOllie Magazineに掲載されたり、日本の代理店にも評価されてChocolateからもスポンサードされるようになったりもしました。

・今回のパートを作るにあたって撮影するたびに毎回フッテージはゲット出来ていましたか?
割と出来ていましたね!とりあえず、毎日ワンカット撮るのを目標にしていて、撮れなかった日は多分無かったと思います。そして自分の中で良いフッテージをネクストパート用にもストック出来たんで、1ヶ月にしてはかなり良い動きが出来たと思います。

・スポットやトリックなど前もって考えていたイメージはありましたか?
今回のパートは割と好きなトリックばっかりやってる感じですね。最近の好きなスケートを表現した感じです。やっぱりかっこいい場所が多かったので、出来るだけ活かせるトリック、ラインをチョイスしつつ、自分の中で新しい動きを出来るだけ盛り込みました。あとはパートの構成を考えてバランス良く整えていった感じですね。短期間やったんで、今日しかないって常に思ってトライしてました。

・ずっとストリートで撮影していて日本では考えられないような光景は目にしましたか?
トライしてる時にでっかいバドワイザーのトラックに乗ったおっちゃんにクラクション鳴らされて「頑張れよ!」って励まされたり、とにかく道行く人に応援されますね(笑)。セキュリティーもスケーターやったり、「お前ら今日のBerrics Final行くのか?」って聞いて来たり(笑)。やはりスケートボードの認知度が半端ないですね。日本よりセキュリティーは強いけど、ヘイターは少ないっす。後は同じスポットに撮影してるクルーが複数いたり、スケーターの数が違いますね。

・日本での最近の活動を教えてください。
最近は久しぶりに地元大阪でゆっくりしてますね。ストリートプッシュしまくって、インスタ撮りながらスポットシークしたり。大阪でのフッテージも貯まってきたので、なにかの形で出せたらいいなと思っています。LAから帰ってしばらく東京いたんですが、久々大阪いたら居心地良くて、やっぱり地元最高っすね。色んなとこ行ったら地元の良さにも気づけますね。イベントとかでも久しぶりに大阪や関西の色んなスケーターに会えて嬉しかったです。やっぱりかっこいいスケーター、先輩が沢山いてアガります。

・またロサンゼルスに行きたいですか?
行きたいですね。てか11月からまた行きます三ヶ月(笑)。今度はほぼ1人なんでもっとランダムな動きが出来ると思うので楽しみです!1番スケッチーな旅になるかも(笑)!

special thanks: GLOBAL WiFi

Profile – Leo Takayama(高山零央)
birth:1994/09/26
hometown:Osaka
sponsor:Chocolate Skateboards、eazymiss、whimsy、DVS、Official、Royal Trucks、iS OLLiES、nqs、the bearing

RELATED POSTS

FEATURES 2017.12.09

『ESCAPE FROM RAI…

キップを切られるスケート事情だけではない、背中をプッシュしてくれるようなストリート環境でシューティン…
FEATURES 2017.12.02

『ESCAPE FROM RAI…

1日1カットのノルマを課し、パーティやイベントはもちろんL.Aのストリートでの出来事に貪欲に喰らうツ…
NEWS 2017.06.09

『Koto Clip 2017』…

日本各地に留まらず、海外でのフィルミングも積極的におこなうフィルマー厚東賢哉による約11分にも及ぶ新…
NEWS 2017.06.15

JOSH KALISとSTEVI…

スケーターの聖地フィラデルフィア『LOVE PARK』をフックアップしたキーマンとして知られるジョシ…
ARTICLES 2017.08.22

+Plus Summary - …

ワーキングイエロー、スケートワークス。映画でいうところの発掘良品のあらすじみたいに、スケート人生をだ…

MOST POPULAR

COLUMN 2017.12.18

OG3

老いたから滑れないんじゃない 滑らないから老いるんだ 先人の残し
NEWS 2017.12.17

GRAPEVINE ASIAより奥脇

国内ストリートシーンの立役者として知られ、長く熊本より時代をフルプッシュ
NEWS 2017.12.17

GRAPEVINE ASIA 20t

熊本発のスケートチームGrapevine Asiaがチーム設立20年を記
COLUMN 2017.12.14

前距腓靭帯損傷

今回はスケーターのケガに最も多い前距腓靭帯損傷についてお話したいと思いま