コンテストだけじゃもったいない!

08.10 16:36

国内外問わず、コンテストをきっかけに色々な土地にスケートボードをしに行く。もうこれだけでテンションは上がります。

もちろん、コンテストへの意気込みはあるし、コンディションも調整して思いっきり滑れる状態なので完全にスケートモード。結果も大事ですが、せっかく違う環境で滑れるのだからツアーを存分に楽しんだ方が得るものは多いでしょう。

アメリカのコンテストに出れるのなら、日本ではなかなか味わえない極上なスケートボードを体験出来ます。沢山あるスケートパークもそれぞれ出来た時代やタイミングで雰囲気が違います、造った人達の癖もあるでしょう、そんな事を感じながら廻ってみるのもいいかも知れません。

アメリカのパークは本当に滑りやすい、無理な力を使わずタイミングを合わせるだけで高さもスピードも出る。滑っているだけで自然に上手くなるパーク最高です!

Profile – Daisuke Hayakawa(早川大輔)
SPONSOR:HIBRIDskateboardsLowTownSkateClubAJSAJRSF
30年目のスケボー三昧な日々を公私共にニュースクール達と過ごしながらもまだ上手くなりたいと思っている東京下町ネイティヴスケーター。

RELATED POSTS

COLUMN 2017.12.18

OG3

老いたから滑れないんじゃない 滑らないから老いるんだ 先人の残した言葉は素晴らしい。手前味噌…
COLUMN 2018.01.15

2018

明けましておめでとうございます。 平成最期の歳になりましたね。本当に一年が早くて早くて参ります…
COLUMN 2017.11.13

TAMPA AM

今、タンパにいる。 Spot Tampaは四半世紀以上もスケートボードシーンに貢献し続けている…
COLUMN 2017.10.18

Change The Game

季節の変わり目で一番寂しい夏から秋。初夏のある日、実に8~9年ぶりに激しく足首を捻ってしまい、始まっ…

MOST POPULAR

COLUMN 2017.10.25

Mike Hernandez 

2年前のアメリカ旅行でSF→LAそしてNYCにも行きました。 NY
NEWS 2017.11.15

FABRIC 2017 KEEP i

神奈川県横浜市のスケートショップFABRICが毎年7月にリリースしている