LESSON 3 – B/S NOSESLIDE〔バックサイド・ノーズスライド〕

11.21 17:00

背中側のセクションに対し、ノーズを差し込むようにかけてスライドしていくトリックがバックサイド・ノーズスライド。フロントサイドに比べて進行方向が見やすいのが特徴だが、ノーズに乗って押し出していく重心を探すまでに少し時間がかかる。バランスが悪いと詰まってしまうので、前足の重心の置き方が攻略のポイントになってくる。一度覚えれば、様々なセクションにも対応していけるので、使用頻度も高いトリック。

Teacher Ryota Abe
video by Atsushi Sugimoto
more how to:『SKATEBOARD TRICK A to Z』

RELATED POSTS

ARTICLES 2017.11.08

LESSON 3 - B/S 5…

背中側のセクションに対して、ノーズ側とテール側の両トラックをかけて滑るトリックが、バックサイド・フィ…
ARTICLES 2017.11.28

LESSON 3 - B/S C…

ノーズ側のトラックを背中側にあるセクションに乗せ、ノーズとトラックの2点で滑るトリック。グラインド中…
ARTICLES 2017.11.14

LESSON 3 - B/S B…

バックサイド側にあるセクションに対し、ノーズがセクションをまたぐようにしてデッキの腹部をかけ、スライ…
ARTICLES 2017.10.31

LESSON 3 - F/S 5…

ノーズ側、テール側の2つのトラックを、同時にカーブやレールといったセクションにかけて滑っていくトリッ…
ARTICLES 2017.12.05

LESSON 3 - F/S 5…

フロントサイド側のセクションに対して、テール側のトラックを乗せグラインドしていくトリックがフロントサ…
ARTICLES 2017.09.19

LESSON 2 - B/S 1…

フロントサイド180とは反対に、進行方向に背中を向けて180度回転するトリックがバックサイド180。…

MOST POPULAR

COLUMN 2017.12.18

OG3

老いたから滑れないんじゃない 滑らないから老いるんだ 先人の残し
NEWS 2017.12.17

GRAPEVINE ASIAより奥脇

国内ストリートシーンの立役者として知られ、長く熊本より時代をフルプッシュ
NEWS 2017.12.17

GRAPEVINE ASIA 20t

熊本発のスケートチームGrapevine Asiaがチーム設立20年を記
COLUMN 2017.12.14

前距腓靭帯損傷

今回はスケーターのケガに最も多い前距腓靭帯損傷についてお話したいと思いま