LESSON 3 – B/S 50-50 GRIND〔バックサイド・フィフティフィフティグラインド〕

11.08 17:00

背中側のセクションに対して、ノーズ側とテール側の両トラックをかけて滑るトリックが、バックサイド・フィフティフィフティグラインド。フロントサイドに比べてセクションへのエントリーがやや難しくなる。また、細いレールや丸いレールなどでメイクするときは思い切った勢いも必要になってくる。色々な場所へヒットしていく事が出来るシンプルなトリックなので、そのスタイルには個性が現れやすく、玄人スケーターからの支持も厚い。

Teacher Ryota Abe
video by Atsushi Sugimoto
more how to:『SKATEBOARD TRICK A to Z』

RELATED POSTS

ARTICLES 2017.10.31

LESSON 3 - F/S 5…

ノーズ側、テール側の2つのトラックを、同時にカーブやレールといったセクションにかけて滑っていくトリッ…
ARTICLES 2017.12.05

LESSON 3 - F/S 5…

フロントサイド側のセクションに対して、テール側のトラックを乗せグラインドしていくトリックがフロントサ…
ARTICLES 2017.11.21

LESSON 3 - B/S N…

背中側のセクションに対し、ノーズを差し込むようにかけてスライドしていくトリックがバックサイド・ノーズ…
ARTICLES 2017.11.28

LESSON 3 - B/S C…

ノーズ側のトラックを背中側にあるセクションに乗せ、ノーズとトラックの2点で滑るトリック。グラインド中…
ARTICLES 2017.11.14

LESSON 3 - B/S B…

バックサイド側にあるセクションに対し、ノーズがセクションをまたぐようにしてデッキの腹部をかけ、スライ…
ARTICLES 2017.09.26

LESSON 2 - B/S P…

デッキを弾いて浮かせることをスケートボードではポップという。つまり、バックサイド・ポップショービット…

MOST POPULAR

COLUMN 2017.12.14

前距腓靭帯損傷

今回はスケーターのケガに最も多い前距腓靭帯損傷についてお話したいと思いま
COLUMN 2017.03.21

重心について

スケートボードに乗る時に "重心" を意識したことはありますか?重心を理