LESSON 1 STEP 5 – 方向転換をしてみよう

05.24 23:19

ノーズ側のウィールの上げ下げができるようになったら、次はお腹側(B/S側)や背中側(f/s側)に少しずつノーズの向きを変えていく動きを練習しよう。最初はほんの少しの角度で構わないので、少しずつ繰り返し移動させ、1/4周から半周、最終的には1回で1周を回りきることが目標。この動作はフラット編でも練習するチクタクへつながる重要な動作となるのでしっかりと身につけておこう。

Teacher Tetsuya Yasuta

video by Atsushi Sugimoto

more how to:『SKATEBOARD TRICK A to Z』

RELATED POSTS

ARTICLES 2017.04.11

LESSON 1 STEP 1 …

初めてスケートボードの上に立つと、不安定な乗り物だと感じるはず。まずはデッキの上に立ち、重心が安定す…
ARTICLES 2017.06.07

LESSON 1 STEP 7 …

LESSON 1(スタートアップ編)の最後はこれまでの応用編として、スケートボードで進んでいる状態か…
ARTICLES 2017.05.31

LESSON 1 STEP 6 …

STEP 6は今までの復習。まず、後ろ足で地面を蹴り、スピードが安定してきたら方向転換、止まる前にま…
ARTICLES 2017.05.15

LESSON 1 STEP 4 …

今回はテールを踏んでノーズを上げ下げする動作を繰り返してみる。STEP 3までと違うところは上下の動…
ARTICLES 2017.04.18

LESSON 1 STEP 2 …

デッキが安定する重心ポイントを見つけたら、次はデッキの上に立った状態で身体を前後に倒したり、ウィール…

MOST POPULAR

COLUMN 2017.12.14

前距腓靭帯損傷

今回はスケーターのケガに最も多い前距腓靭帯損傷についてお話したいと思いま
ARTICLES 2017.12.26

LESSON 3 – F

テール側のトラックで滑る5-0グラインドとは反対に、正面のセクションに対