1600013 35°67’8” 139°71’4”

01.19 20:00

どこの街にもひとりやふたり、めちゃくちゃ上手くてかっこよくて、なのに無名で知られていないスケーターはいるものだ。人との廻り合わせだったり本人の気質だったり、その理由はさまざまだけど、今回登場する新城透もそのひとり。
まだまだメディアが拾うことのできていない優れた逸材を世に輩出すべく「媚びることの苦手な捻くれ者」の彼を企画に誘い話を聞いた。

Q:まずは自己紹介をお願いします。
新城透。沖縄県出身。

Q:地元沖縄での話を聞かせてくれる?どんな経緯でスケートを始めてこれまで滑ってきたのかな?
スケート始めたのが小6の時でいつも3人で遊んでいた中の2人がスケートをしていたのがキッカケですね。地元にあった保健センターの駐車場 通称”保健”でスケボー出来ると聞いてそこで滑るようになりましたね。保健では先輩達が作ったセクションがあってカーブにかけたり、バンクをバンバン飛んだりして 「え?スケボーってあんなことできるの⁈」って。かっこよすぎる!自分はオーリーすら出来ないし、スケボーのビデオも見たことがない時だったので衝撃はもの凄かったです。本当に1人1人思い出があるんですけど、書くと一冊の小説ぐらいになりそうなんで割愛させて下さい。笑
スケートのかっこよさを教えてくれたり、スケートの面白さや知識を教えてくれたり、スケートに対する情熱を教えてくれたりいろんなことをこの保健で刺激を受けて、その後の自分のベースが出来たと思います。ef-fectのみんなには感謝しきれないですね。そこで何年か経って大会に出たり、映像を撮ったりして別のローカルの人達とも滑るようになりましたね。で、22歳の頃に三世(伊藝雄一)に、「お前は一回東京出た方がいい」と言ってくれたのがキッカケで自分のスケートが通用するのか試してみようと思い、上京して今に至りますね。

Q:自分のスタイルを一言でいうとどうな感じ?
影連

Q:影響を受けたスケーターやアーティスト、好きなスケートビデオや映画はある?
ビデオはbaker2g、in bloom、sorry、ing…vol2.3.love.5、tumyet全般。
ライダーだったらAndrew Reynolds、Bryan Herman、Ethan Fowler、billy marks、伊藝雄一。
アーティストはスチャダラパー、平沢進、ゆらゆら帝国、gogo7188。

Q:今回の映像の音源は一緒に住んでいる仲間のものだよね。彼との関係やこの曲を制作した経緯を教えて。
耕太郎は「A FISH IN WATER」を作った五味良太の地元長野の同級生で良太が宮里友晴と住んでた「屍ハウス」の二階に住んでて、遊びに行った時に知り合いました。今は一緒に住んでる同居人です。 毎回自分が使う曲はチャレンジ精神で全く自分のスタイルに遠い曲を使ったりしてました。今回は自分に合った曲や映像をイメージしてそれを耕太郎にぶつけて1から制作したものです。耕太郎も最近新曲を書いていないと言っていたしこの機会に制作意欲を取り戻しつつ新曲を作って欲しいという思いもありました。でも耕太郎自身の音を崩して欲しくなかったんで自分の意見は1、2割ぐらいしか入ってません。だからこの曲は耕太郎自身が作った曲でこの曲でオッケー出たときは嬉しかったですね。


ARGUMENT Proudly Welcomes Toru Shinjo
Video : Ryota Gomi

Q:メディア露出、コンテスト出場など積極的にはしていないようだけどあなたにとってスケートをすること、続けることはどんな意味をもっている?
意味っすか⁈ そんな殺生な。歯ブラシとか風呂入ることに意味聞いてるのと一緒すよ! 昔は大会に出て一位になるとかスポンサーを付けるとかそれが目標でスケートする意味になってたのかな。今はもう映像撮ったり、たまに写真撮ったり、たまに来るこうゆうスケート関連の話を受けて自分や相手のスケート人生に記録を残すことじゃないかな。「全然有名じゃないけど、あいつかっこいい」って言われたいですしね。まだスケート出来るのにスポンサー付いてないのとか、大会出ないとかで意味が無くなるとかはないですね。そこら辺については、スケートはそんな甘くないし、弱くないと思いますね。今はそんな感じです。

Q:今もビデオパートを撮影中という話を聞いたけどいつ頃から撮影を始めたの?一緒に制作しているクルーや内容について教えてくれる?
撮影は2年前ぐらいですね。一緒にやってるのが Gomi film works の五味良太ですね。前回の作品にも出さしてもらって、次回作も撮ろうというので始まりました。出演者と内容はざっくりとしか聞いてないんで、良太しか内容とメンツがわかりません。


a fish in water [Teaser]
Video : Ryota Gomi

Q:今はSNSを使って自分の滑りを発信したりするのが一般的のように思うけど透は最近Instagramをやめてしまったよね。どうしてやめてしまったの?「SNSで映像を露出すること」と「ビデオパートで映像を出すこと」の違いってどんなところがあるのかな?
インスタはとてもいいスケートのアピールの場と思います。今の時代に合ってると思います、一瞬のインパクト狙いだと尚更。
自分は起きてすぐインスタチェックして、暇さえあればチェックの毎日で、終いにはそこでモチベーションも上がったり下がったり、誰がいいね付けて誰が付けてないとかの繰り返しで結構振り回されてる感がとても気持ち悪くなっちゃって辞めましたね。心残りなのがインスタでしか繋がってない人がいたことですね。もしまたやるとすれば東京から出た時かな。
ビデオパートとの違いはあると思いますね。ビデオパートだとパートを作るために何年も費やして見る側の気持ちと一緒に作り上げてきた人達の気持ちだと思いますし、また手元に残るということじゃないですかね。SNSとの違いはそこじゃないですかね。

Q:ストリートスケートについて思うことは。パークスケートと異なるところや何か特別な意味を持っているものがあれば教えてください。
自分はストリートはストリート、パークはパークって感じです。ストリートとパークは自由に出来る部分では一緒だと思いますね。パークはルールを守れば自由に滑れるし技を磨く場所としてとてもいいと思います。その点ストリートはそこら辺にある物・場所でスポットや道具として使えるし、想像力フル回転にさせて自分のスケートの形を全面に表現出来るのがストリートじゃないすかね。練習した技が全然通用しなかったり、怒られながらもやりたいことが出来た時は嬉しいし、悔しさと嬉しさと気持ち良さはストリートならではじゃないすかね。パークではその本能的な部分はなかなか味わえないすからね。

Ollie
Photo : SHAMA

Q:スケートがオリンピック種目になることについてどう思っている?
いいんじゃないすか。
そこで凄いのが、日本から海外に通用するスケーターが出てきたことですよね。それは見てみたいです。んー凄い…凄いぐらいしか自分から言うことないです。

Q:最後に今度の活動予定とかチャレンジしたいことなどあれば教えて。
Kanihandiblのみんなでまた映像作りたいですね。

Filmed, Edited, Interview and Photo : 杉本 篤(Hulahoopers)
Music : Kotara Ushiyama
Additional Video : Ryota Gomi
Additional Photo : SHAMA

Name : 新城 透
Barthday : 1987.9.21
Hometown : 東京都三鷹市
Sponser : kanihandibl,argument,ef-fect
Facebook : 新城透

 


Supported by Blackmagic Design https://www.blackmagicdesign.com/jp

Blackmagic Designとは : カメラやスイッチャー、編集・カラーコレクション・音声編集のオールインワン・ソフトウェア「DaVinci Resolve」などの、さまざまなプロ用映像制作機器を開発、販売しているメーカー。「お客様の真のクリエイティビティを開花させる」という企業理念のもと、高品質なプロ用機器を誰でも手が届く手頃な価格で提供している。

使用機材 : Blackmagic URSA Mini Pro , DaVinci Resolve 14

RELATED POSTS

ARTICLES 2017.10.03

1600013 35°67’8”…

地元昭島と90’sのスケートスタイルをこよなく愛する悟坊ちゃんこと、高橋悟。 出会った頃か…
ARTICLES 2017.08.31

1600013 35°67’8”…

群馬県前橋市を拠点として活動する館長こと奥野恭平。「館長」の愛称は彼の部屋に所狭しと敷き詰め…
ARTICLES 2017.11.10

1600013 35°67’8”…

Q:今回はディレクターサイドの話を訊かせてもらいましょう。どうですか、率直に企画立案からスタ…
ARTICLES 2017.07.14

1600013 35°67’8”…

Q:まずは自己紹介をお願いします。 名前は新里孝明。スケーターからはJrとよく呼ばれますね…
FEATURES 2017.03.13

CRYSTAL GEYSER『#…

コンテストの入賞者達が沖縄のストリートで撮影した写真に引き続き、ムービーをお届け。 彼らとコン…

MOST POPULAR

ARTICLES 2017.10.10

LESSON 2 – K

後ろ足でテールを弾いた後、オーリー足をデッキのコンケーブ脇から進行方向へ
ARTICLES 2018.01.16

LESSON 3 – B

バックサイド側にあるセクションに対して、バックサイド180の要領で90°
COLUMN 2017.12.30

期待の星

こんにちは。村井祐里(ゆりゆり)です!今年最後のコラムです!年末年始もス