+Plus Summary – Kei Hoshino

08.22 16:00

ワーキングイエロー、スケートワークス。映画でいうところの発掘良品のあらすじみたいに、スケート人生をだいぶ進んできたスケーター自身から発信されるフッテージを紹介する企画、“Summary”。その1本目は、日本を飛び出て幾年月、オーストラリアでスケート人生をプッシュする星野慶のオーストラリア産フッテージ。このSummary(あらすじ)から彼のスケート人生の本編が気になったら、彼をどんどんディグってほしい。

interview with Kei Hoshino

Q:このフッテージの制作キャスティングはどんな布陣でしょうか。
キャステイングですか、いやー本当にたくさんの人たちに関わってもらいましたね。基本、僕もフィルミングしてて、他の人たちを撮ってるので、チャンスがあったら他のフィルマーだったり、友だちのスケーターに撮ってもらいました。
なので、フレンズセクションの映像は僕が撮影したものですし、メインのフィルマーっていうのがあんまりいなくて、本当、みんなに助けてもらってつくりました。日本でフィルマーやっている林くんとか、ゴールドフィッシュのシュンキ、名古屋のヒロマン、京都のアップカマーしょうた、編集を手伝ってもらったフィルマーでヒップホップのビートをつくってるジェイソン。僕と同じショップのライダーで〈CONVERSE〉オーストラリアのライダーのコロイとか。みんなスケートもむちゃくちゃ上手いです。

Q:つくられた経緯や期間を教えてください。
そうですね、以前自分のパートを出してからしばらく時間が経ってたので、そろそろつくりたいなーと思っていて。
去年、仕事の関係で5年半住んでいたシドニーからメルボルンに引っ越すことになり、いくつか撮っていた映像があったのでどこかで出すところないかなあと思っていたんです。それで、友だちで『RUA Magazine』のときにいろいろ僕のニュースを取り上げてくれていたSHAMAくんに声をかけてみたんです。そしたら、「Skateboarding Plusのプロジェクトを手伝うから、どう?」って話になって。撮影期間としてはシドニーで1年くらい、メルボルンで半年くらい、合計で1年半くらいですかね。


Wallie
photo: Mohamad Farhad

Q:話はとんとん拍子で進んだんですか。
それが、編集の段階で、曲の著作権とかで、いろいろ遅れてしまって。なかなか曲が見つからなかったんですけど、編集を手伝ってくれたジェイソンの職場の50歳くらいのボスが、昔イギリスでバンドをやっていて、彼がそのバンドの曲を提供してくれることになって。レコード会社と契約寸前だったらしいんですけど、結果、世に出回らなかった曲を使わせてもらってます。本当に、友だちに助けてもらって完成したパートですね。

Q:そういう流れって粋に感じますよね。では日本を出てオーストラリアへ。その経緯を聞かせてください。
大学を卒業してからすぐ海外に行ってみたかったんですけど、お金もなかったので、もともと働いていたアパレルのお店でお金貯めてから来ようと思っていたんです。でも、その結果、仕事を一生懸命やってたら、店長になったり新店舗立ち上げしたり、とにかく忙しくなってしまって。もうスケートなんかやる時間ほとんどないし、当時ついていたスポンサーにも申し訳なかったですね。映像も写真もなかなか撮れないし。気づいたら26歳。27歳になる前に、もういい加減自分のやりたいことやらないと後悔すると思って、仕事を辞めて、ワーキングホリデーを使ってオーストラリアに来ました。

Q:生きる糧というか、異国のオーストラリアでどうやって暮らしているのでしょうか。
結局、こっちでもアパレルの雇われ店長やっています(笑)。
忙しくて辞めたかったはずの職業経験のお陰でやっていけています。人生どうなるかわかりませんね。

Q:だから、面白いんですけどね。スケート環境的にはオーストラリアはどうでしょうか。
そうですねーどうなんですかね? もう日本にしばらく帰ってないのでなんとも言えないですけど。日本も面白そうなスケートパークがバンバンできてますからね。施設といったところの環境はあんまり変わらないんじゃないですか? パークだけだったら日本の方がいいかもしれないですよ。ただ、スケーターのレベルはみんな高いですね。みんなうまい。子どもも大人も。どこいってもあいつやばいなー!っていうのがたくさんいます。単純にスケートバカですね。好き度が違う気がする。オリンピックだからとか、流行ってるからとかじゃなくて、純粋にスケートが好きなやつらが多いですね。だから歳とか国籍とかに関係なく、仲良くなれるのはすごい良いところですね。スケートさえしてればみんな友だちです。

Q:ここは行った方がいいよ、というのをエアーズロック以外で教えてください。
観光地ですか? エアーズロックもいいところですよー(笑)。ビールとビーチが好きならシドニーのマンリーですね。
ビーチは綺麗だし、そこで醸造されている〈4Pines〉のビールが最高に美味いです。コーヒー好きなら断然メルボルンでしょうね。僕はビールもコーヒーも好きなんで、どっちの都市も好きです。あと、ブリスベンの近くにもちょっとだけ住んでいたんですけど、サンシャインコーストのヌーサってところはすごいオススメです。海は綺麗だし、自然も多くてのんびりできるところです。

Q:スケートパーク、スケートショップだったら、どこがいいですか。
スケートショップ、それはもう絶対シドニーのU.P.S Skateshopに行ってください。絶対(笑)。オープンしたときからサポートしてもらってます。パークですかー、やっぱりシドニーのウォータールースケートパークですねー。シドニーのプロスケーターもいつもそこで滑ってますよ。


Welcome to UPS skateshop

Q:先ほど名前が出てきた同じショップのライダーで、このフッテージにも関わっているKaoleについて少し教えてください。
最初、編集してもらってたんですけど、結局自分で始めた〈Private Joy〉っていうスケートブランドが忙しくなってしまいましたね。パートで使われてる8ミリの映像は、全部彼が撮ってくれました。彼自身、僕と同じようにU.P.S Skateshopがオープンしたときからのライダーで、〈CONVERSE〉からもサポートされてます。すっごい上手いですよ。ハワイアンでクオータージャパニーズなんですよ。あとアーティストとしてAgogweって名前で活動もしてて。〈Private Joy〉は注目です。オーストラリアのイケてる若手が集まってますよ。

Q:今後はどんな感じでしょうか。ずっとオーストラリアに?
そうですねー、ちょうど永住権がおりたところで、いずれは自分で何かやりたいですね。日本とオーストラリアを繋げるようなことをしたいなぁと企んでいます。あとは、僕が撮ってる映像を何らかの形でまとめたいですね。モンタージュなのか、フルビデオなのか、今の所ちょっとなんとも言えないですけれども。あと少し前に、サポートされていたデッキのブランドがなくなってしまったんですけど、今回、友だちの繋がりでブリスベンの〈Bohemia Skateboards〉ってところからサポートしてもらえることになって。そっちのパートもつくらなきゃって感じですね。なのでしばらく忙しくなりそうです。

Q:なんにせよ忙しいのに慣れているというか、実は忙しいのは性に合っているのかもしれないですね(笑)。では、最後にこのフッテージをシネマズカットするとして、そのパッケージに記載するあらすじをご自身で簡単にお願いします。
あらすじですか。撮影されてる場所はオーストラリアなんだけど、どこの国かわからないような。スポットもなるべくメディアに出ていないスポット、トリックをチョイスして撮影しました。ただ撮って、ただ滑るだけのスケートじゃなくて、スポットとか、その雰囲気とかを大事にして。上手いやつは何千人もいるし、でもそれだけがスケートじゃないから面白いわけで、それを少しでも表現できていればいいなと思います。あと、関わってくれた人、とくに友だちには感謝しかないです。

Q:Who was involved in the creation of this video?
People who were involved? A lot of people helped me out to create it. Basically, I do filming as well, so if there was a chance, I got other filmers and skater friends to film. So the footages in the friends section are the ones that I filmed myself. There was not really a main filmer so a lot of people helped me to create the video. Like Hayashi-kun who is a filmer in  Japan, Shunki from Goldfish, Hiroman from Nagoya, Upcomer Shota from Kyoto, Jason who is a filmer and hip hop music creator helped me with editing. Kaloe who is a rider from the same shop and also rides for CONVERSE Australia. Everyone is so good at skateboarding too.

Q:Tell me how you started, and how long it took.
It’s been a while since I dropped my last video part so I wanted to make another one. With work, I moved from Sydney where I’ve lived for 5 years and a half to Melbourne last year. I had quite a few footages that I’ve had filmed so I was wondering where I could drop them. So I asked my friend SHAMA who used to run “RUA Magazine” and has picked up my news at the time. He mentioned that he’s going to help some projects at Skateboarding Plus so how about I drop it there. It took about 1 year in Sydney and half a year in Melbourne, so about a year and a half in total.

Q:Did it all go smoothly?
No, there were delays because of the copyright of the music in the editing stage. We couldn’t find the music for a while, but Jason (who helped me with editing)’s boss who is about 50 years old was in a band in England in the past have offered his music. As a result, I am using the music that did not make it out to the society. It’s really a part that was completed with friends help.

Q:That’s really cool. So tell me why you moved from Japan to Australia.
I wanted to go overseas straight after uni but I didn’t have money so I was planning to go overseas after I save up at the apparel shop I was working at. As a result of me working hard, I became the store manager and was involved in opening of a new shop and became really busy. I didn’t have time to skate anymore and I felt sorry for my sponsors at the time. I couldn’t take photos or footages. When I realised, I was 26. Before I was 27, I realised I need to do something that I wanted to do otherwise I’ll have regrets so I left the job and came to Australia on working holiday visa.

Q:How do you make a living abroad in Australia?
I’m a store manager still, haha. I’m making a living thanks to the industry that I wanted to leave because I had no time to skate. You never know what happens in life.

Q:That makes it interesting. How is the skating environment in Australia?
Well, I don’t know because I haven’t been back to Japan in a while. There’s a lot of new skate parks that looks like fun in Japan. I don’t think there’s much difference in terms of facilities of skate parks. If it was just parks, Japan might be better. But everyone skates really good here. Regardless of their age. Wherever I go, there are skaters who are really sick. Simply, they really love skating. They really love it, not because of the olympics, or because of trend, they just simply love it. So the good thing is, regardless of age or nationality, we can be friends. We are all friends as long as we skate.

Q:Tell me somewhere that you’d recommend, other than Ayers Rock.
For sight seeing? Ayers rock is really good (laughs). If you are after beer and beaches, Manly in Sydney is the one. Beach is beautiful, and beer at 4 Pines brewery is the best. Melbourne is much better for coffee. I like both beer and coffee so I like both cities. I also lived near Brisbane for a little while. Noosa in Sunshine Coast is also highly recommended. Beaches are beautiful, there’s a lot of nature and is relaxing.

Q:Any good skate parks or skate shops?
For skate shop, please definitely go to U.P.S Skateshop in Sydney. (laughs) They have been supporting me since they opened. Parks? That’ll be Waterloo skate park in Sydney. Pro skaters in Sydney always skate there too.

Q:Tell me more about Kaloe who you mentioned before.
At the beginning he was editing the video for me but he’s got busy with his own skateboarding brand 〈Private Joy〉. All the 8mm footages are filmed by him. He rides for U.P.S Skateshop since they opened like me, and also rides for . He’s a sick skater. He’s Hawaiian and quarter Japanese. He also does art under the name Agogwe. Check out 〈Private Joy〉.The riders are sick. 

Q:What are your plans from now? Will you stay in Australia?
I’ve recently got permanent residency so I’d like to do something on my own, like something to connect Japan and Australia. Also I want to put the footages together which I’ve filmed over time. It might be a montage or full video, which I don’t know yet. And a while ago the board brand who was supporting me closed down, but a friend hooked me up with a Brisbane brand 〈Bohemia Skateboards〉 so I need to make some part for them too. It looks like it’ll be busy.

Q:Nonetheless it looks like you are used to being busy, or it looks like being busy works for you. (laughs) Can you tell me a bit about yourself to go with this video part?
The place of filming is in Australia, but you can’t really tell where it is. I’ve chosen the spots and tricks that’s not really used in the media. I’ve put emphasis on location and mood, not just skating and filming. There are thousands of good skaters, but it’s not only about skating and that’s what makes it fun and interesting, so I wanted to express that. I am thankful for people who were involved, especially friends and sponsors. 

Filmed:
Hamish Mcshane,Hironori Ito,Jason Gallant,Kaloe Kaaikala,Kei Hoshino,Keisuke Hayashi,Mohamad Farhad,Noritaka Inoue,Shota Sumi,Shunki Terada,Tristan Suchsut

Super 8:
Kaloe Kaaikala

Edited:
Jason Gallant & Kei Hoshino

Music:
Sweet Liberty
by Loveland

Guest Appearance:
Mohamad Farhad,Paul Ling,Jason Gallant,Kaloe Kaaikala,Tristan Suchaut,Shota Sumi

Name : 星野 慶
Barthday : 1984.1.3
Hometown : 栃木県足利市出身
Sponser : U.P.S skateshopBohemia Skateboards、Sydney RomanticsPost Details (Australia)
Instagram : @hoshikei

RELATED POSTS

NEWS 2017.04.07

VANS JAPANチームによる…

スケート界のみならず多くの人に愛されるシューズブランドとなったVANS。そのVANSジャパンチームが…
ARTICLES 2017.05.04

FIELD REPORT - A…

実に35年も前からコンテストを開催している日本最高峰のスケートボードコンテストAJSA。 20…
NEWS 2017.08.26

BRIXTONがJason Je…

人気アパレルブランドBrixtonがSanta Cruzを長年支えるキーマン、ジェイソン・ジェシーを…
NEWS 2017.08.01

TWS 29th『Riddles…

トランスワールドが今年リリースした29作目となる最新フルレングス『Riddles In Mathem…
NEWS 2017.05.19

Polar Skate Co,の…

Polar Skate Co,の若きエース、オスキーことオスカー・ローゼンバーグの新たなパートがNi…

MOST POPULAR

COLUMN 2017.10.18

Change The Game

季節の変わり目で一番寂しい夏から秋。初夏のある日、実に8~9年ぶりに激し