LESSON 1 STEP 6 – ルーティーンを組んでみよう

05.31 09:55

STEP 6は今までの復習。まず、後ろ足で地面を蹴り、スピードが安定してきたら方向転換、止まる前にまた漕ぐという動作を繰り返す。これが完璧にこなせるようになれば、自分が進みたいと思った方向へ自由に移動することができる。ここで一つの達成感が得られたハズだ。注意点は各ステップで解説したポイントになるので、改めておさらいして完璧にマスターしておこう。最初の段階ではゆっくり進み、ゆっくり方向転換をする形で構わないが、徐々にスピードアップし、スムーズに動作がこなせれば完璧。

Teacher Tetsuya Yasuta

video by Atsushi Sugimoto

more how to:『SKATEBOARD TRICK A to Z』

RELATED POSTS

ARTICLES 2017.05.24

LESSON 1 STEP 5 …

ノーズ側のウィールの上げ下げができるようになったら、次はお腹側(B/S側)や背中側(f/s側)に少し…
ARTICLES 2017.04.11

LESSON 1 STEP 1 …

初めてスケートボードの上に立つと、不安定な乗り物だと感じるはず。まずはデッキの上に立ち、重心が安定す…
ARTICLES 2017.06.07

LESSON 1 STEP 7 …

LESSON 1(スタートアップ編)の最後はこれまでの応用編として、スケートボードで進んでいる状態か…
ARTICLES 2017.05.15

LESSON 1 STEP 4 …

今回はテールを踏んでノーズを上げ下げする動作を繰り返してみる。STEP 3までと違うところは上下の動…
ARTICLES 2017.04.18

LESSON 1 STEP 2 …

デッキが安定する重心ポイントを見つけたら、次はデッキの上に立った状態で身体を前後に倒したり、ウィール…

MOST POPULAR

NEWS 2017.08.15

New Balance Numeri

国内市場参入から高いブランディングで注目を集めるシューズカンパニーNew
ARTICLES 2017.08.17

LESSON 2 – N

直訳すると「従わない」。いかにもスケーターらしいアティチュードを醸し出す
ARTICLES 2017.08.02

FIELD REPORT ̵

先日、Volcomチームに同行した栃木宇都宮ツアーに引き続き、今回は松尾